Skip to content


クロスMD支援型のキャンペーン展開ツールセット

土用の丑シーズンのイオン店頭で、サントリーのハイボール缶とPBのうなぎのクロスMDテーマのキャンペーンが店頭化されていた。うなぎと角ハイボールおよびトリスハイボールをセットで購入すると、抽選で2人に1人の確率で60円引きのお買い物割引券が当たるというもの。
気になった点は、陳列什器に貼り付けられた告知ポスターの中の対象商品表記スペース。「水産売場のうなぎ(グリーンアイ)+ 角ハイボール缶/トリスハイボール缶」と印刷されている。季節に応じた旬の生鮮メニュー素材とサントリーハイボールの年間を通じた生鮮クロスMDを支援するツールセットであることが分かる。

<キャンペーンテーマ>抽選で2人に1人当たります!
<特典>60円引きお買い物割引券(レジにて発行)
<期間>2011年7月11日?8月7日
<店頭告知ツール>ボール紙ディスプレイのトップ部分とスタンド部分にキャンペーン告知ポスター貼付け

Posted in 注目キャンペーン.


催事マーケット拡大型のキャンペーン

食部門における季節催事カレンダーが最近にぎやかである。夏場の「土用のうなぎ」の提案は、最近のSMや百貨店のチラシでは、「春土用」「秋土用」「冬土用」というように、異なる季節に展開されている。「節分」の提案も拡大しており、いずれは年4回実施されそうである。
イオンでは昨年の夏に、「夏の節分に恵方巻を食べよう」という提案を行ったが、今年の7月は恵方巻を対象商品としたクローズドキャンペーンをからめて催事マーケットの活性化につとめている。

<キャンペーンテーマ>「忍たま乱太郎×イオン」夏の恵方巻キャンペーン!(加藤清史郎くん主演映画「忍たま乱太郎」タイアップ)
<特典>忍たま乱太郎グッズ
<期間>?2011年8月10日
<店頭告知ツール>ポスター、告知チラシ(A面:キャンペーン告知、B面:夏の恵方巻き提案情報)、デジタルサイネージ(ビデオ映像)

Posted in 注目キャンペーン.


2011 年版「店頭告知セールスキャンペーンケース集CD-ROM」

当データは、2010 年4 月?2011 年3 月の1 年間に首都圏店頭で告知された主要なセールスキャンペーン、1933 件をベースにまとめたキャンペーンケース資料集です。

<PDF ファイル/総頁数・1610 頁>
●第1 章 店頭告知メーカーケース編 1014 件
・2010 年4 月?2011 年3 月告知のメーカー実施主体のケースを収録。
・調査対象業種は、食品・飲料・日用雑貨(身の回り品含む)。

●第2 章 店頭告知流通タイアップケース編 919 件
・2010 年4 月?2011 年3 月告知の流通タイアップケースを収録。
・調査対象の小売業態は、GMS・SM・CVS・DRUG。

●第3 章 店頭告知キャンペーン動向(集計データ編)
・2010 年4 月?2011 年3 月の店頭キャンペーン実施件数からみた数値的傾向を簡易整理。

お申込みはこちらから

Posted in 注目キャンペーン.


2010年版 店頭告知セールスキャンペーンデータ集 発刊

2009年4月?2010年3月までの1年間に、首都圏の店頭で告知されたキャンペーンを収集しました。
収録件数は、1,224件(店頭告知メーカーケース編:787件・店頭告知流通タイアップケース:437件)をデータを、データベース化しキャンーペン内容とビジュアルを収録しました。
さらに、店頭告知キャンペーン動向として集計データも掲載。食品(419件)・飲料(417件)・日用雑貨・身の回り品(208件・流通180件のデータを分析しています。キャンペーン企画に、ヒットキャンペーンの検索に無くてはならない資料です。ぜひ、ご検討下さい。

 「2010年版 店頭告知セールスキャンペーン集」  

          詳しくはこちらから

      CD-ROM版(PDFファイル・1075頁) 定価:21,000円 (送料・税込み)

Posted in 注目キャンペーン.

Tagged with , , .


おもしろプロモーション

桜が咲く季節となり、多くのキャンペーンが見られるようになってきた。そんな中で、ちょっと変わった面白いキャンペーンをご紹介しよう。

ライオンが実施している「忙しいママに一言コンテスト」は、忙しいママに子供ならではの一言というお題で、投稿ムービーを募集するもの。
応募されたムービーはYoutubeで公開され、投票で一位を獲得すると、賞金100万円が貰えるとうもの。投稿されたムービーを見ていると心温まるもの大爆笑ものなどとても楽しい。YOUTUBEをうまく使ったプロモーションだ。

「パンスト手当、毎日3名様に一万円支給中!」はアツギのプロモーションだ。
パンスト手当!?ってなんだ?と思わず思ったタイトル。内容はアツギの「ミラキャラット」を買い、商品に添付されているシリアルナンバーを申請し、翌日の17時以降に結果が発表され、当選すれば購入店で使える一万円の商品券が貰える。
「それいけ!パンスト女子」という楽しいサイトで、商品訴求をおこなっている。女性ならきっと共感できる内容だろうし、日常の話題をうまくプロモーションに活かした内容だ。

Posted in キャンペーン手法, 注目キャンペーン.


Twitter

Twitterが大人気である。一国の首相までやっている過熱ぶりである。
人気と共にプロモーションにもTwitterが活用されだしてきた。

『みんなの今を乗せて 新幹線なう』はJR東海が3.13のダイヤ改正にあわせて実施しているプロモーションだ。今や新幹線車内からも無線LANで簡単にネットに繋ぐことが出来る時代である。社内からつぶやくことも簡単だ。
ブロガーが語る@shinkansen_nowは、超有名なブロガーが語っており、ちょっとやらせっぽいけど、Twitterを使ったプロモーションの典型事例だろう。

その他の参考サイト:サントリー「ほろったー」 ベネトン<フォロワー数x1円現金還元>

個人商店のような所でも、Twitterを使って簡単にキャンペーンができるのがTwitterらしさだ。大井町にあるお寿司屋さん「さいしょ」さんは、なんとTwitterのフォロー数に応じて割引するというキャンペーンを実施。話題となり多くのお客さんが詰めかけたようだ。お寿司屋さん点愛で実況中継よろしくつぶやく人もでてきて、ちょっとお祭り状態になっていた。
ある意味、お金をかけなくても簡単にできるという好事例だろう。逆にメーカーがやると、どうも大がかりになってTwitterらしさが生かし切れていない感じがする。

Posted in キャンペーン手法, 注目キャンペーン.


サクラサク

今年も「受験」歳時のシーズンがやってきた。売り場で「受験」という催事イベントを作った「キットカット」。今年は「サクラサク受験生応援バス」を運航するそうだ。
12月8日に福岡太宰府をスタートし、2010年大学入試センター試験日前の1月に東京大学至近の本郷郵便局(東京都文京区)に到着するというもの。この間、各地で停車し、受験生や受験生を持つ家族らに無料で開放されるという。
さらに、このキャンペーンには今回も郵便局株式会社が協賛している。

すっかり冬の風物詩ともなった「受験応援キャンペーン」。今年も店頭で様々な取り組みがなされるだろう。ただ、今のところ「キットカット」の独り勝ち状態は否めない。

「サクラサク受験生応援バス」が12月8日から運行スタート <livedoorニュース>

Posted in 注目キャンペーン.


公認ブロガー

「公認ブロガー募集」しているのが、コカ・コーラ。 コカ・コーラパークの公認ブロガーを30名募集している。内容は、1?3月期間中、コカ・コーラや家族のことなど”かんたんなテーマ”でブログに記事を書くというモノ。昔あった、”ホームページで日記書いてください!”のブログ版ということか。

アルファブロガーと呼ばれるブロガーを組織化して情報を発信して行く手法はお馴染みになっている。パナソニックのルミックス口コミ情報などが有名だ。最近では、「モニプラ」サイトのように様々な新商品のモニター募集専用サイトも開設されている。
ただ、天の邪鬼な筆者は、こういったメーカー寄りのブロガーの情報はあまり信用していない。どうしてもメーカー寄りの意見が多いと勝手に思い込んでいるからだ。こつこつググって、本当のユーザーの情報を探し歩いている。

SNSや大型掲示板サイトでは、”なんでもすぐ人に聞く”のは嫌われる。”ググレカス”と言われて一蹴されてしまうが、実際にそういう自分で調べない人は増えていると思う。こういった便利サイトが登場することで余計にそういう風潮が増えているように思えて仕方がない。
まぁ、簡単に情報が得られるのは良いことなのだが・・・・・

Posted in キャンペーン手法, 雑記.

Tagged with , .


全麺革命

「全麺革命」のキャッチフレーズで、大型サンプリング作戦を行っている日清食品。
体験試食キャラバンが全国巡回し、そのイベントで体験者が、1万人・3万人・7万人・10万人を越える毎にキャンペーンサイトから応募できる仕組みになっている。

11月17日現在で体験者は7万人を超えている。また、WEBからのキャンペーン応募者も51,000人を超えている。
リアルタイムで体験者数を表示することで、キャンペーンの盛り上がりを演出する仕組みは面白い。キャンペーンの応募者数を公表しないメーカーも多いが、逆にリアルタイムで公表することで”体験したい!”という気持ちも生まれてくる。さらに、全国キャラバンなので自分のエリアに来たときの期待感も大きい。

サンプリング作戦を上手く使った日清食品の『全麺革命』。面白い試みである。

Posted in キャンペーン手法, 注目キャンペーン.

Tagged with .


史上最大

「アサヒ新ジャンル史上最大」というキャッチのアサヒビール『総額3億円還元キャンペーン』。
新ジャンル史上というのが、なんだかよく分からない感じもするが、総額3億円という金額はインパクトがあるものだ。
100年に一度の大不況の中、キャッシュバック型キャンペーンが目白押しである。数千円程度でお小遣いプレゼントというキャンペーンは数多く実施されているのが今年の特徴である。

その中でも、総額3億円で、三井住友VISAギフトカード3,000円分を10万名というのは大きなインパクトがあるキャンペーンだ。
このようなキャッシュバック型キャンペーンの場合、店頭での値引きではないので、価格に影響を出さずに実施できるメリットがある。ただ、当選者数は少ないと、それこそ当たる気がしないので効果薄だ。
10万名当選というのは、そういう意味では効果大だ。ただ、1000万を超える応募があれば当選率は1%程度になってしまうが・・・・

コカ・コーラが実施する、『NEWジョージアカタログ 1000万人、大アタリ!』キャンペーンは、なんと1,000万人という当選者数である。
こちらもジョージア史上最大を謳う。
かつて、ジョージアは『がんばってコート』キャンペーンで4,400万という空前絶後の応募を集めた。余りにも応募数が多くて、「出しても出しても当たらない」という声も多く聞かれたが、今回の1,000万という当選者数はかなり期待を持たせる数である。

総額と当選者数。どちらも「史上最大」を謳うキャンペーンであるが、果たして、どちらのキャンペーンが関心を呼ぶか。楽しみである。

Posted in キャンペーン手法, 注目キャンペーン.

Tagged with .